資料の紹介

 2020年1月14日にWindows 7の延長サポートが終了する。Windows 10への移行を検討している企業も少なくないだろう。企業の場合、いろいろな部署の複数のPCを一斉に移行することになるため、計画的な運用が必要だ。そのためにまず実行するのが棚卸。システム情報や保守/リース期限、各PCへ導入しているアプリケーションやデバイスなどの資産を洗い出す必要がある。

 移行時には、部門や配布パターンに応じた何種類ものイメージを作成して展開するために、IT部門に大きな負荷がかかる。一方、外部に委託すると、大きなコストがかかる。Windows 10は半年ごとの機能更新プログラムと毎月の品質更新プログラムで最新の機能を使え、セキュリティを守れるようになっているが、他のアプリケーションの更新プログラムも含め、これらを適切に適用して運営するにも手間がかかる。

 本資料は、Windows 7からWindows 10への移行の流れを、棚卸、キッティング、更新プログラムの適用の3つのポイントから解説。この3つのポイントについて、効率よく、正確に実行するためのITツールを紹介している。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。