資料の紹介

 デジタル時代の経営戦略では、「現場の見える化」や「データ活用」を起点に、いかに他社との差別化を図るかがビジネスの成否を分ける。ただし、デジタルを導入するだけでは十分な効果は出ない。いかにして、全体最適なビジネスプロセスや内部統制を実現していくかが重要なポイントとなる。

 医療機器メーカーのGEヘルスケアは、長年に亘る改善活動の過程で様々なデジタル技術を導入してきた。中には、複雑な作業の効率化を狙って導入したツールが、逆に生産性を低下させてしまうという苦い経験もあったという。この反省から、まずは作業や業務プロセスのばらつきをなくす「標準化」という土台を確立した上で、デジタル技術を活用した改善を推進するアプローチをとることで、多くの成果をあげている。

 本資料では、デジタル時代の経営戦略の実例として、工場デジタル化による「カイゼン倍速」を実現したGEヘルスケアと、クラウドERPでグローバル経営の会計ガバナンスを追求するトランスコスモスの取り組みを紹介する。GEヘルスケアでは、感覚ではなくデータを基本に行動する取り組みにより、製造リードタイムを最大で65%短縮したという。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。