資料の紹介

 請求書や見積書、各種申請書などに署名を付けて印刷・スキャンし、郵送・FAXする作業は、従業員はもちろん顧客やビジネスパートナーにとっても負担が大きい。こうした文書の署名プロセスをデジタル化すると業務の効率化が進み、コスト削減に非常に有効だ。現実に多くの企業が取り組んでいる。

 ただし、単にデジタル化すればよい、というわけではない。地域や業界によって、変化しやすい法規制に適切に対応しつつ、自社に最適な仕組みを選択・導入しなければならない。そこで理解しておきたいのが「電子サイン」と「電子署名」だ。この2つは同じ意味のように見えるが、署名におけるアプローチ方法が異なり、署名の法規制の要件によって、いずれか一方を選択するか、もしくは組み合わせる必要がある。

 本資料では、「電子サイン」と「電子署名」と違いを説明するとともに、2つの適切な運用方法を解説している。さらに、世界の主要な電子サイン関連法、署名プロセスをデジタル化して大幅なコスト削減に成功した企業事例も紹介されている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。