資料の紹介

 働き方改革の波に乗り、リモートワークを推進する企業が増えている。外出先でのネット接続を担保するため、モバイルルーターやスマートフォンを提供するケースも見受けられるが、地下などつながりにくい場所ではやむを得ず公衆無線LANに接続しなくてはならない場合もある。

 これはリモートワークのセキュリティにとって大きな課題である。危険なサイトに誘導しマルウェアに感染させるトラブルから、社外に居るユーザーを保護するのは難しい。社内ネットワークとは違って、ファイアウォールやサンドボックスなどの従来型ソリューションでは対応しきれないからだ。

 本資料では、DNSの仕組みを活用したクラウドベースのセキュアインターネットゲートウエイにより、リモートで使用中に危険なサイトへのアクセスを自動的にブロックするシステムの事例を取り上げた。標的型攻撃対策、フィッシング対策に加えて、DNSの悪⽤対策も行える包括的なセキュリティ対策になる。また短期間で導入できることや、リモートワーク上での脅威動向の可視化といった機能も説明している。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。