資料の紹介

 企業の各部署に配属された新入社員や若手社員を、どうやって企業の戦力に育てていくか。多くの上司や先輩社員を悩ませてきた難しい問題である。だが、平成生まれの社員に対する違和感は、これまでのものとは異なるという指摘もある。

 若手は一様に、「放任主義でありながら、自分の仕事をチェックし、理解してくれていること」を上司に期待するものだ。しかし、チームの一人ひとりがどのように仕事をしているか、長所と短所は何なのか、どこでつまずいてしまうのか、といったことを、逐一チェックする時間を、上司が常に確保することは容易ではない。

 本資料では、せっかく採用した“期待の若手”を成長させるための秘訣を、6つのタイプ別に示したうえで、“悩める若手”に上司が対応した3つのケーススタディを紹介する。若手の考え方を知り、きちんと向き合うことが、高いモチベーションにつながる。そのためには、業務を可視化して適時支援できるようにするツールが役立つという。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。