資料の紹介

 仮想化基盤やストレージ基盤の導入・刷新は、今日のIT部門にとって極めて重要なミッションだ。システムの性能や可用性はビジネスに直結するため、失敗は許されない。システムの検討や導入の際には、ベンダーの支援体制がどの程度充実しているかも、重要な判断基準となる。

 ランジェリー通販のピーチ・ジョンは、グループウエアなどの業務システム群を稼働させる仮想化基盤を刷新した。その要件として掲げたのは、最適化の推進と集約率の向上、パフォーマンスの強化である。複数の選択肢を検討した末に、3つの要件を満たすソリューションとして選んだのが、ハイパーコンバージドインフラ製品だった。

 本資料では、ピーチ・ジョンをはじめ、中外テクノス、マルキン食品、日本道路の4社における、仮想化基盤やストレージ基盤、バックアップシステムの導入・刷新の取り組みを紹介する。ストレージ基盤を刷新したマルキン食品では、システムのレスポンスが向上し、バックアップに要する時間も大幅に短縮できたという。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。