資料の紹介

 事業環境が刻々と変化する今日、企業のIT部門には次々と、システムやデータに対する新たな要望が寄せられる。ビジネスの気勢を削がないためにも、IT部門はこれらの要求に迅速に応えなければならないが、変化のスピードは速く、しかも想定外の方向へ進むこともある。最初にすべてを予想して備えるのは至難の業だ。

 従来は、開発案件ごとにシステム間連係機能も開発するのが普通だったが、そのやり方だとコストも時間もかかってしまう。企業内のシステムを、いつどのようにも接続できるように、エンタープライズ・サービス・バス(ESB)のような「ハブ」を用意する方法もあるが、ESBは高価なうえ、永続的な保守が必要となるものが多い。

 本資料では、システム間接続を短期間で安全に、しかもリーズナブルに実現できるというWeb APIベースのソリューションを紹介する。既存システムのデータをWeb API経由で公開し、再利用できるようにすることで、新たな開発要求にも格段に速く対応できるようになるとしている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。