資料の紹介

 今日の企業にとって情報システムは、ビジネスの基盤であり、企業活動そのものを支えるプラットフォームでもある。業務アプリケーションやデータベース、それを支えるIT基盤が停止したら、製品・サービスの信頼性が失われ、企業ブランドの毀損にもつながりかねない。

 「止まらない」システムを構築するための重要な技術の一つがクラスタリングだ。複数のサーバーを協調動作させ、あたかも1台のように使えるようにすることで、1台に障害が起きても止まらないシステムを実現できる。ただし、単独のサーバー(シングル構成)に比較すると、処理性能が犠牲になるデメリットもある。

 本資料は、最新のクラスタ環境でデータベースを動かす際に、「止まらない=高信頼性」と「高速性」をどこまで両立できるかを、定量的に検証したリポートである。シングル構成の約90%の性能と、従来型のクラスタシステムの約2.4倍の性能を実現した。サーバーが停止した際、待機系システムが立ち上がるスピードの短縮効果についても検証している。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。