資料の紹介

 企業を狙ったサイバー攻撃が増えている。OSやソフトウエアの脆弱性を利用した攻撃だ。脆弱性からサーバーやデータを守るためには最新のアップデートを適用しなければならない。しかし、常に最新のアップデート(パッチ)を適用するのは大変だ。

 現場からは「パッチ情報が膨大なため確認漏れが発生しそう」「すべてのPCの状況が正確に把握できていない」「適用するパッチが悪影響を与えないかテストしたい」「パッチ配布に関する承認手順が確立されていない」といった声が聞こえてくる。実際、社内の脆弱性対応のパッチを一元管理したり、必要なパッチを漏れなく適用したり、最新パッチをデータベース化することは専用ソフトなしでは難しい。専用ソフトを用いても、WindowsとMacの複数OSに対応し、多数のサードパーティ製ソフトの脆弱性管理にまで踏み込むことはさらに困難だ。

 本資料は、これらの問題について詳しく紹介し、問題を解決してくれるソフトを紹介する。また、実際にそのソフトを使って、社外勤務のPC資産の把握やMacの管理を効率的に実現したIT企業の導入事例も紹介している。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。