資料の紹介

 ルーターやファイアウォール、スイッチ、ロードバランサーなど、企業には数多くのネットワーク機器が稼働している。これらの機器は、ネットワークの規模拡大や性能向上のニーズに応じて適宜導入されてきたため、誰が、いつ、どの機器に対して、どの部分を変えたのかが分からない、というケースが少なくない。

 コンフィグ(設定情報)の内容把握や世代管理がしっかりできていないと、障害発生時の復旧に時間がかかったり、効果的なコンプライアンス管理が困難になったりする事態が発生しがちだ。マルチベンダーの多数の機器を管理対象にするため、担当者に多大な管理負荷がかかるといった問題もよく耳にする。

 本資料では、ネットワーク機器のコンフィグ管理を自動化するソフトウエアについて、どのような悩みに有効なのか、コストはどれくらいかかるのか、といった視点で分かりやすく紹介している。現状のコンフィグに加え、世代や差分も管理できるので、障害発生時の迅速な復旧や問題解決に役立つ。運用管理担当者の負荷を軽減することで、より安全で安定したネットワーク運用が実現するという。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。