資料の紹介

 サイバー攻撃や情報漏洩の増加、システム監査の厳格化などに対応するため、情報システムに関わるあらゆるログを一元管理したいというニーズが高まっている。Active Directoryのログ監視を効率化し、内外のセキュリティ上の脅威にもっと素早く対応できるようにしたい、という要望も強い。

 これまで、サーバー、スイッチ/ルーター、アプリケーションのログは個別に管理するのが一般的だった。しかし、個別管理だと工数がかかるうえ、セキュリティ事故発生時のログ調査や原因究明に時間がかかってしまう。また、監査レポートを作成する際にも、個別のログを統合する作業が必要になる。

 本資料では、このような声に応えるために、ログ管理とネットワークセキュリティ対策の両方に対応できるよう、ツールを組み合わせたソリューションを紹介する。特徴と導入前後の変化、価格などを分かりやすくまとめた。形式の異なる複数のログをまとめて管理することで運用コストを削減するとともに、簡易的なSIEM(Security Information Event Management)ソフトの機能も備え、不審な動きを早期検知できるという。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。