資料の紹介

 多くの企業が大量にWindowsパソコンを導入して社内ネットワークを運用するようになって久しい今、ユーザーアカウントおよびアクセス制御を一元的に管理できるActive Directoryもまた、企業に不可欠な存在になっている。だがその一方で、Active Directoryのアカウント管理にいまだ苦労しているシステム担当者は少なくない。

 定期的な人事異動のたびに発生する、大量のアカウント設定変更作業のほか、業務上の役割変更やプロジェクトの編成があるたびに、管理者はファイルやフォルダの権限を変更しなければならない。また、ユーザーからのパスワードリセットやアカウントロック解除依頼への対応や、監査に向けたアカウント棚卸、セキュリティチェックも必要だ。

 本資料では、「人事異動発令」「権限委任」「アクセス権限の変更と承認」「セキュリティポリシーの自動運用」「パスワードリセット」「アカウントの定期的な見直し」など、実際の業務シナリオに沿った形で、複数製品を組み合わせた省力化の仕組みを、ユーザーの声も交え紹介する。効率化が進むことで、管理者は戦略的業務に時間を割けるようになり、攻撃や不正の早期検知も可能になる。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。