資料の紹介

 企業のIT環境を取り巻く脅威は日々高度化している。かつてのようにランダムに攻撃対象を選んで、スパムメールやマルウエアを配布する手法から、ソーシャルエンジニアリングとセキュリティ機能を回避する技術を融合した手法へと進化している。つまり確実に弱点をつくようになってきたのだ。こうした「標的型攻撃の進化」への対応は企業において急務と言える。

 ただし、こういった攻撃にはアンチウイルスソフトだけでは対応できない。アンチウイルスに加えて、標的型マルウエアを含むコンテンツの無害化が有効な手段だ。ファイル内の脅威を根本的に除去して安全なファイルに組み換える「予防ソリューション」の導入が有効な手段と言える。

 本資料では、近年の標的型攻撃の傾向と対応策について解説。文書ファイルベースの標的型マルウエア攻撃への対応技術・ファイル無害化ソリューションについて紹介する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。