資料の紹介

 サイバー攻撃の脅威の高まりや企業のクラウド活用の拡大を背景に、通信データを暗号化する「常時SSL」が広がりつつある。SSLは「Secure Socket Layer」のことで、Webサーバーとブラウザー間でやりとりするデータを暗号化する仕組みだ。従来は、クレジットカードなどの機密情報をやりとりするサイトだけで使われていたが、それを常に有効にしてセキュリティを高めるのが「常時SSL」だ。

 ただし、すべてのデータが暗号化されるため、通信データの中身を見て怪しいアクセスを検出したり、遮断したりしていた従来のセキュリティ製品やログ収集の仕組みが使えなくなるという課題がある。

 そこで必要になるのが、SSL通信の復号化/暗号化を行う専用アプライアンスだ。Webサーバーとブラウザーの間に設置して高速にデータを復号し、IDS/IPSなどのセキュリティ製品に渡してチェックし、戻ってきたデータを再び暗号化する。これにより、既存のセキュリティ製品を活かしつつ、常時SSLの高いセキュリティも実現できる。本資料では、この専用アプライアンスのメリットと使い方を解説する。これからの常時SSL時代に備えるために、ぜひ確認しておきたい内容だ。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。