資料の紹介

 複数のベンダーから購入したサーバーが世代をまたがって稼働しているケースは少なくない。しかし、サーバーを中心とするITエコシステムが複雑化することで、さまざまなマイナス要因が発生する。例えば耐性障害や著しいパフォーマンスの低下、復旧の遅れ、低効率かつ高コストなインフラ管理などである。

 変革が迫られるデジタル時代だからこそ、対症療法ではなく原因療法によって根本を治す必要がある。有効策の1つが、仮想化を用いたサーバー統合技術「ハイパーコンバージドインフラストラクチャー(以下HCI)」の導入だ。

 本資料で紹介するのは、老朽化したサーバーシステムをHCIに置き換え、見事に変革に成功した米国企業の例だ。シンプルなインフラ管理によってITパフォーマンスが向上。データセンター運用コストの削減予想割合が50%となるなど、コスト面でのメリットももたらしたという。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。