資料の紹介

 Windows 7の延長サポートが終了する2020年1月まで2年を切り、Windows 10への移行需要が高まっている。Windows 10は“WaaS”(Windows as a Service)という従来とは異なるアップデート方式を採用しており、企業は機能更新プログラムやパッチの適用を課題視している。

 しかし、Windows 10の更新について、最も重要なのは機能更新前の準備と確認だ。更新する端末の空き容量やドライバーの互換性、アプリケーションの互換性をクリアしておく必要がある。事前準備を怠ったために更新して失敗する例も多く発生している。もちろん、事前の準備ができても、頻繁に発生する機能更新プログラムの適用、アプリケーションのバージョンアップ、ドライバーの対応など負荷を軽減し、効率的な運用をするには、これらの更新を自動で一気通貫に運用できるシステムの導入が効果的だ。

 本資料では、Windows 10の更新管理の課題を解決するシステムを紹介。Windows 10移行と限りなく続く機能更新プログラムの管理方法について、項目別に詳しく解説する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。