資料の紹介

 経験と勘に頼りがちだった従来の意思決定に代わって、データを根拠とする意思決定の巧拙が、企業の競争優位性を左右する時代となった。データを活用したデータドリブンな経営判断や、顧客の購買行動を分析したデータベースマーケティングなどの手法は今や、当たり前となった。

 ただ、データ分析と一言で言っても、必要なデータやデータを分析する手法は各社各様だ。予実分析、ABC分析、構成比分析など、業界共通でよく使われる分析手法もあるが、業界や職種によって重視すべきデータは異なる。さらに、膨大なデータを効率よく扱うには、BI(ビジネスインテリジェンス)ツールの活用も不可欠となる。

 本資料では、BIツールによるデータ分析手法を、6つの異なる業界での活用事例付きで紹介する。データの収集・統合から集計・分析、可視化などにBIツールを使うことで、経営者や現場の社員、もしくはシステム部門が、データサイエンティストなどの専門家の力を借りることなく意思決定できるようになるという。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。