資料の紹介

 企業のIT環境を取り巻く「脅威」として、標的型攻撃やランサムウエアが注目されているが、それらに続いて「ビジネスメール詐欺」も増加傾向にある。送信者が取引先や経営者層になりすまし、偽の電子メールによって金銭や情報をだまし取るという手口で、いわば「企業版の振り込め詐欺」だ。

 手口が巧妙化するなかで、システムに頼ったセキュリティ対策だけでは対応が難しくなっている。社内教育の徹底が重視されるが、常に最新の知識や対策を講じるためには時間も費用もかかってしまう。こうした知識が必要な問題の解決には、専門家によるサポートサービスの導入が効果的と言える。

 本資料では、「ビジネスメール詐欺」の実態と対策について、具体的な被害状況や手口などをデータや実例から解説。併せて、独自のサポートサービスによる対策についても紹介する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。