資料の紹介

 人工知能(AI)とRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)は、現在、多くの企業に注目され、データ分析や業務の自動化を目的に導入がすすんでいる。しかし、AIとRPAが従業員の働き方や企業業績にどのような影響を与えるかについて、これまで客観的な調査はほとんどなかったのが実態だ。

 本資料は、その貴重な調査レポートである。ロンドン大学の中立的な学術チームが、3か月間かけてAIとRPAを導入している企業を調査した。対象となったのは、4カ国(英国、米国、日本、インド)と3つの業種(銀行/金融、保険、製造) にまたがる従業員1000名以上の大企業 400名の意思決定者で、オンラインインタビューと電話インタビューの両方が実施された。

 その結果は、驚くべきものだった。AIやRPAを導入している企業は、導入していない企業よりも業績が優れ、職場の「人間らしさ」も向上していたのである。本資料では、その結果が具体的に数値で裏付けられている。AI、RPAの導入を検討している、もしくはすでに部分導入している企業は、ぜひ本資料でAI、RPAの本当の価値を確認し、今後に役立てていただきたい。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。