資料の紹介

 顧客や取引先とつながることを目的とするSoE(システム・オブ・エンゲージメント)のシステムでは、機能やサービスを短期間でのリリースすることが求められる。短期間でリリースし、ユーザーからのフィードバックを受けて、システムを改善し続けるのである。しかし、このサイクルを高速化するうえでボトルネックとなっていたのがテスト工程だった。

 そこで最近は、テストの自動化を試みる企業が増えている。よくあるのは、ユーザーの操作を再現するツールで、さまざまな操作を実行してUIをテストする方法だ。しかし、実際に試してみると操作を再現するスクリプトの管理が大変で、思ったほど自動化できないケースが目立つ。また、バックエンドシステムとの連携処理が複雑でテストが進まないケースも多い。

 本資料は、これらの問題を解決してテストを自動化する新たな手法を解説している。テスト対象をブラウザとサーバー間のトランザクションに絞り、バックエンドシステムを仮想化して結合テストを自動化する手法は、開発をスピードアップしたいすべての企業に、間違いなく恩恵をもたらすだろう。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。