資料の紹介

 クラウドサービスが普及して、メールやファイルサーバー、グループウエア、精算システムなど、企業活動に欠かせない多くのシステムがオンプレミスからクラウドへと移行してきた。しかし、複数のクラウドサービスが併存すればするほど、情報システム部門の担当者にとっては認証・ID管理の運用が負担となってのしかかる。

 解決策としては、シングルサインオン(SSO)やID管理システムから成るオンプレミスでの認証基盤システム構築が一般的だ。だが、専門性の高いスキルと構築コスト、認証基盤システムが稼働してからの維持・拡張コストなどが必要となり、そのハードルは高い。コストメリットと利便性を重視してクラウドを導入したにもかかわらず、認証のために決して安くないコストをかけてしまうのでは本末転倒と言えるだろう。

 本資料では、クラウド型で提供される認証基盤システムを紹介。退職や異動に伴う社員のIDライフサイクルに対応し、管理負荷の低減や追加IDコストの圧縮を実現する、としている。またオンプレミスの認証基盤で重荷となるサーバー、OSなどの運用コストも劇的に削減。「面倒で金のかかるもの」と思われがちな認証・ID管理のハードルをぐんと下げられるとしている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。