資料の紹介

 企業はいま、働き方改革を推進しながら、労働生産人口の減少、人材の採用難という厳しい現実への対応も迫られている。つまり、企業は「より少ない人数」で「より多くの業務量」を処理しなければならない。そこで注目されているのが、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)だ。いまやRPAは、業務の自動化・効率化に不可欠なツールとして、多くの企業に導入されつつある。

 しかし、実際に導入を検討すると、属人化した自社の業務を本当に自動化できるのか? 自社だけで運用できるのか? 社員のITリテラシーが低いのだが……。さまざまな課題・不安に直面するのも事実だ。

 こうした課題・不安を解決して、RPA導入を成功に導くポイントは何か? 本資料は、その解決マニュアルだ。ECショップを運営する企業が47の業務をRPAで自動化し、月間300時間の工数を削減した事例も収録。メリットだけでなくデメリット、具体的な導入方法など、現場の生の声も確認できる。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。