資料の紹介

 新しいテクノロジーを駆使した業務変革が求められている。自動化促進を目的として企業でもRPAやAIなどが続々と導入されているが「思ったよりも効果が見えにくい」「何から効率化に着手すべきかわからない」といった声があるのも事実だ。

 デジタルによる業務変革は一気に進むものではない。アナログ業務をデジタルに置き換えていくためには、煩雑な作業をプロセスごとに可視化し、まずは「どこに何を導入すべきか」といった部分最適を図るべきである。そこではデジタルを活用すべき部分と人が担うべき部分を明確に切り分け、業務フローを再構築するコンサルティングの視点が必要となってくる。

 本資料では「デジタルの力と人の知恵」を融合した業務変革ソリューションを紹介する。RPAによる定型業務自動化、AI-OCRによる手書き帳票の自動読み取りといった最新のテクノロジーに加え、機械化できない繊細な業務をデジタルに精通したコンサルタントが改善する“二刀流”がおもな内容だ。これにより、きちんと目に見える結果が出るまで業務効率化をサポートするとしている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。