資料の紹介

 クラウド、仮想化、AIなど、IT技術が目覚ましい進歩を遂げているにもかかわらず、いまだに企業の情報システム部門の大きな負担になり続けているのが、クライアントPCの調達・管理業務だ。2020年のWindows 7延長サポート終了により、多くの企業がWindows 10への移行を迫られることを考えると、今からここにメスを入れておきたい。

 クライアントPCの調達・管理を省力化するには、調達に始まり、導入、運用管理、データ消去、廃棄に至るライフサイクル全体を効率化することがカギになる。例えば、システムをクラウド化するように、クライアントPCについても、IT資産として所有するのではなくレンタルとして利用することにより、調達と管理の負担を軽減できる。

 本資料ではまず、クライアントPCのライフサイクル管理でよくある課題や、PCを購入する場合と、レンタルする場合、リースする場合のIT部門にとってのメリットとデメリットを整理する。そのうえで、PCレンタルの導入効果を最大化するためのポイントについて、コスト比較や、導入シナリオを交えて紹介する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。