資料の紹介

 光ファイバー・ネットワークは、データセンターや企業の基幹ネットワークの中核をなす要素である。ユーザーが必要な情報に、いつでも、どこでも高速にアクセスできることを強く求められている今、ビジネスの屋台骨とも言える存在であり、ダウンタイムの発生やパフォーマンスの低下は許されない。

 一方で、光ファイバー・ネットワークの伝送速度が、1G~10Gbpsから40G~100Gbps、さらには400Gbpsへと高速化するのに伴い、損失バジェットへの要求水準はかつてなく厳しくなっている。拡張性や高密度実装性、省エネ性といった理由から、光ファイバー配線の普及が加速しているいま、現場担当者や管理者は、その重要性を正しく理解しておく必要がある。

 本資料では、光ファイバー・ネットワークの最新の規格化動向、市場動向に始まり、光ファイバー伝送の基礎、敷設ケーブルの品質の適切な評価方法、認証試験、効率的なトラブルシューティングの進め方と測定器の選び方について、詳しく解説する。光ファイバー・インフラの構築にかかわるすべての担当者に向けて最新知識を提供する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。