資料の紹介

 企業システムのIT化が進むなかで、セキュリティへの取り組みは必須であり、データの「暗号化」は重要な役割を果たしている。カード情報やマイナンバーなどのデータをいかに効率的に管理するか、GDPR、PCIDSSといったセキュリティ基準へどう対応するか、暗号化戦略の方針を決めることは企業の課題である。

 暗号化の方針を決めるうえで、企業がどういった情報管理をすべきか、どういった脅威があるか、暗号化機能で重要とされるものは何か、といった情報を得ることが肝要だ。暗号の利用状況や各企業のセキュリティ強化への取り組み、暗号技術がシステムにどのような影響を与えているのかを知ることは戦略決定に有効といえる。

 本資料では、日本市場における暗号化動向について国内の現場担当者に対して調査し、結果を項目別に解説したものだ。機密データについてコストをかけずに適切に管理したい、セキュリティの国際基準対応の負担を軽減したい、機密情報の管理をより堅固に行いたいといった企業にとって有益となる情報を紹介する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。