資料の紹介

 クラウドの導入が加速し、規模も業種もさまざまな企業が、その柔軟性やコスト効果などのメリットを実感するようになった。しかし、クラウド時代のセキュリティは決して簡単なものではない。モバイル・ユーザーやリモート・オフィス、クラウドアプリケーション、次々に現れるセキュリティの脅威などにより、運用管理担当者の負荷は限界まで高まっている。

 実際、従来のセキュリティ・モデルをクラウド環境に流用しようとするのには無理がある。テレワーク拠点やモバイル環境からのインターネット経由のアクセスを、企業のデータセンターにルーティングし、セキュリティやコンプライアンスのポリシーを適用するという従来の方法は、低速であり効率もよくない。

 本資料では、クラウド時代のセキュアWebゲートウエイに求められる機能と、コンプライアンス維持のための対策について説明し、上記の課題を解決するクラウド型セキュリティ・サービスを紹介する。セキュリティ・ポリシーを定義して実装できるフレームワークにより、既存のオンプレミスのポリシーをクラウド型のセキュリティへ簡単に移行できるという。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。