資料の紹介

 クラウドには、拡張性やコスト効果、自社での構築が困難なサービスの導入など、さまざまなメリットがある。しかし、ワークロードをクラウド環境に移行する中堅企業が増加している今、クラウドのセキュリティに懸念を抱く担当者も少なくない。

 しかし、これは、クラウド環境の安全性が従来の環境に比べて低いからではない。大抵の場合、懸念を抱く本当の要因は、クラウド環境におけるコントロールの欠如感にある。例えば、プロバイダ環境の可視性の不足や、セキュリティ・ツールや管理ツールの互換性の問題などに起因している。

 本資料では、クラウドを導入する中堅企業向けに、クラウド環境のセキュリティを確保するために押さえておくべきポイントとベストプラクティスを解説する。安全なデータ転送、ユーザー・アクティビティの制御と監視、信頼できるセキュリティ・ベンダーとサービス・プロバイダによるクラウド上での互換性と機能の確保がカギになるという。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。