資料の紹介

 Webの利用拡大、クラウドの急速な導入、モバイルユーザーやリモートユーザーの増加により、企業ネットワークはかつてない危険にさらされている。さらに、コンプライアンスに関わる規制の強化や、高度な脅威の急増と言った要因も相まって、データやプライバシー保護に関する従来のアプローチでは、もはや対応できないところまできている。

 従来のセキュリティ・ソリューションの多くは、トラフィックを企業のデータセンターにルーティングする必要があった。しかし、従業員がインターネット経由で直接、社内のアプリケーションやデータにアクセスしたいと考えている昨今、このやり方は、セキュリティを確保しポリシーを適用するうえで、有効な策とは言えなくなってきている。

 本資料では、このようなクラウド時代の課題に対処するために必要となる、高度なセキュリティ・コントロールが可能なクラウド型ソリューションを紹介する。ユーザーがどこで、どのデバイスからインターネットにアクセスしても、セキュリティを確保し、コンプライアンス・ポリシーに準じたデータ利用環境を実現するという。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。