資料の紹介

 市場環境が激変する中、グローバルレベルで多様化する顧客ニーズにどう応え、製品の安定的な供給と収益性をどう確保するのか。このことは、多くの日本企業に共通する課題となっている。そこで今、グローバルでの販売、生産・調達を視野に、モノの流れを管理する手法として改めて注目されているのが、サプライチェーン管理(SCM)だ。

 しかしSCMにかつて取り組んだ企業からは、「目標を達成できなかった」「業務が以前よりも悪化した」「システムを稼働できなかった」といった声が聞かれることも少なくない。こうした状況はなぜ起こるのか。SCM専門のコンサルタントによると、要因は大きく三つあるという。

 本資料は、グローバル・サプライチェーンにおける課題や、不確実性をコントロールする供給体制の在り方などについて、先進企業でSCM戦略に携わるキーパーソン3人の談話をまとめたもの。市場の変化に迅速に対応し、企業の永続性を高めるには、経営層が確固たる信念と目標をもって、組織や拠点、企業間の壁を取り払うことが重要となる。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。