資料の紹介

 社内のコミュニケーション手段がメールと電話だけという場合、情報を伝えたり共有するのに無駄な時間がかかってしまうことはないだろうか。例えば、ユーザーからクレームがあり、即対応してほしいが、担当営業は外出中で電話に出られない。メールを出し、留守電にも入れておいたが、連絡がないので対応してくれたかどうか不安、確認できたらすぐ帰れるのに帰れない。

 こうした時間のロスや無用なストレスを無くし、迅速なコミュニケーションを可能にするのがビジネス用のチャットだ。「既読」を見れば伝わったと判断でき、書類を貼付できるので、外出先でもすぐに確認ができる。写真や動画を共有でき、口頭では伝えにくい状況を、その場にいなくても判断できる。

 本資料では、仕事に活用できる機能を搭載したビジネス向けチャットのシステムについて解説するとともに、セキュリティやプライバシーについても、ビジネス向けに強化された運用体制や管理機能を紹介し、多くのユーザーの懸念を払拭する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。