資料の紹介

 急速に変化するビジネス環境やワークスタイルへの対応、TCO(システム総所有コスト)の削減、災害やサイバー攻撃を想定したBCP(事業継続計画)対策などの観点から、業務システムのクラウド化を進める企業が増えている。しかし、ベンダーが提供する多種多様なクラウドサービスの中から、自社に合ったものを探し出すのは容易ではない。

 移行にあたってまず問題になることの一つがレスポンスである。オンプレミス環境でパッケージ版のソフトを動作させる場合と比べると、クラウドでは遅延が発生しがちだ。障害発生時の復旧スピードや、情報漏洩や盗難などの対策としてのデータ保護、導入・移行の容易さ、コスト削減効果、最新版へのアップグレードの迅速さなども、サービス選択のポイントとなる。

 本資料では、プライベートクラウドならではのレスポンスと安全性、快適性をうたう基幹業務向けSaaS(Software as a Service)を、上記の観点に沿って紹介する。契約者ごとにプライベートクラウド(専有環境)を用意し、販売管理、顧客管理、財務会計、人事労務管理などに必要な環境の構築から製品導入・サポートまでのサービスを一貫して提供する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。