資料の紹介

 企業が多様なチャネルを通じて、大量のデータを収集できる時代になった。これらのデータをデジタルマーケティングに効率よく活用するために、AI(人工知能)を使う事例が増えている。AIを活用することで、有効なマーケティング施策を迅速に見い出せるようになるからだ。

 従来、一人ひとりの顧客に合わせてきめ細かくパーソナライズしたレコメンド情報を出すことは、コスト面でも技術面でも難しかった。それが、コンピュータの性能向上と低価格化、AI技術の普及によって、低コストで実現できるようになった。それでも、AIの活用に関しては、専門知識が必要で技術的なハードルが高いと考える企業は少なくない。

 そこで本資料では、AIを活用したセグメント分割やレコメンドについて、専門家の監修のもと解説する。実際にセグメント分割で効果を上げた事例や、より効果的なレコメンドの組み立て方の具体例なども織り交ぜながら、丁寧に説明している。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。