資料の紹介

 2018年6月、働き方改革関連法が成立したことを受けて、これまで以上に多くの企業が、働き方の見直しに取り組み始めている。あるビジネスパーソン向けのアンケート(※)でも、回答者の70%以上が「働き方改革は必要」と答えており、勤務先が働き方改革に取り組んでいるとする回答も、半数近くに上った。

 しかしながら同調査では、効果的な働き方改革の難しさも浮き彫りになった。勤務先が働き方改革に取り組んでいると答えたビジネスパーソンの約半数が、その取り組みによって「業務に何らかの支障が出ている」と考えていることが明らかになったのだ。

 本資料では、本調査の結果を詳しく紹介しながら、現場の生産性やモティベーションを高める働き方改革のあり方を考察する。単に取り組み状況を知るというだけでなく、当事者であるビジネスパーソンが、働き方改革をどのようにとらえているのか、という視点が興味深い。

※「働き方に関する意識・実態調査」(2018年4月、Sansan)

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。