資料の紹介

 「働き方改革」のアプローチは、業種や企業によって異なる。特にソフトウエア開発やWeb制作、ゲーム制作などのプロジェクト型ビジネスでは、複数のメンバーが一つのプロジェクトに参加するとともに、一人のメンバーが複数のプロジェクトを掛け持ちすることも珍しくない。このため、メンバーの働き方を変えると、プロジェクトの進行や収益性に大きな影響を及ぼす。

 また、こうした複雑な状況は、一人ひとりの働き方を見えづらくしている。たとえば、一人のメンバーが参加しているプロジェクトの計画工数の合計が法定労働時間を超過したり、逆に所定労働時間を下回ったりといったことが、現実に発生しがちだ。

 こうした事態を避けて、プロジェクトの収益性を向上させ、かつ「働き方改革」を実現するには、メンバー一人ひとりの工数をプロジェクトごと、あるいはタスクごとに日次で収集し、可視化して管理する必要がある。しかし、それはExcelのようなツールでは難しい。では、どうすればよいだろうか? 本資料では、その具体的な実現方法を説明している。プロジェクト型ビジネスを展開している企業は、ぜひ参考にしたい内容だ。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。