資料の紹介

 企業と政府が一体となって進める「働き方改革」。その実現のためには、業務を効率化し、長時間労働の抑制と生産性の向上に役立つツールとしての「マニュアル」の活用が欠かせない。洗練されたマニュアルを整備することで、業務手順の標準化やミスの防止をはじめ、個人のノウハウやスキルの継承、新入社員や中途入社社員の早期育成も可能になる。

 だが、システム担当者や業務担当者にとって、マニュアル作成は大きな負担となる。業務効率化のためのマニュアル作成が、社員の残業や負荷を高める原因ともなっている。しかも、せっかく作成したマニュアルが、「使いにくい」などとして活用されないケースも少なくない。簡潔でわかりやすく、どこでも参照できるマニュアルが求められている。

 本資料では、多彩な自動化機能により、マニュアル作成の効率を大幅に向上するマニュアル作成ソフトを紹介する。業務アプリケーションなどをふだん通りに操作するだけでマニュアルを自動作成するので、時間もコストも削減できる。教育ツールとしても多数の導入実績があり、中には年に3200万円のコスト削減を実現した例もあるという。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。