資料の紹介

 これまで多くの企業は、セキュリティなどに対する漠然とした不安から、SQL Server、SharePoint、ExchangeといったミッションクリティカルなWindowsサーバーアプリケーションを、クラウド移行の対象から外してきた。しかし、コスト削減や俊敏性の向上、運用負荷の軽減などの観点から、これらについても、クラウド移行の要請がますます強まっている。

 実装は簡単でも、長期的な視点からは効率的とは言えないインフラを選んだ場合、ユーザーは、将来的に追加作業を迫られるという「技術的負債」を抱えることになる。これまでのIT部門は、自社データセンターの技術的負債を解消するために戦い続けてきた。クラウドへの移行には、時間の経過とともに使われなくなったプロセスやツールなどによって生じる技術的な負債をなくし、運用業務の効率を向上させるという意味がある。

 本資料では、Windowsサーバーの各種アプリケーションについて、クラウド移行でどのような具体的な利点が得られるかを示す。そのうえで、クラウド環境における各種アプリケーションの運用、マイクロソフト製品のライセンシングの実際について、解説する。成功のカギは、本格移行の前に、必要な社内プロセスを策定、専門知識を集積することだと述べている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。