資料の紹介

 自社や商材の認知を広げて新たな市場を開拓し、将来の顧客を作り出すマーケティング活動は、企業の成長に欠かせないものだ。最近は特に、見込み客が「課題感」を覚えた段階で、できる限り早期から接触する「農耕型マーケティング」とも呼ばれる取り組みが、重要とされている。

 マーケ担当者が成果をあげるには、半年先の収穫に向けて種をまくように、今から準備を進めることが大切だ。マーケティング・オートメーション(MA)ツールの多くは、この準備段階で必要になる機能のほとんどを装備しているが、特に顧客データベース機能とコミュニケーション機能をいかに有効活用するかが、成果を出すうえでカギとなる。

 本資料では「マーケターが今すぐ取り組むべき5つの準備」について解説する。リード・ジェネレーション、リード・ナーチャリング、リード・クオリフィケーションのそれぞれの局面で、ツールを駆使して最適なコンテンツを最適なタイミングで提供することが重要だ。将来の顧客創出のほか、マーケ担当者自身の評価アップにもつながるとしている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。