資料の紹介

 デジタル技術が著しく進化し、幅広く活用されるようになった近年、特に若い世代は、マーケティング領域のキーワードも使いこなして日々の業務に当たっている。管理職といえども、これらの用語にすぐに反応できないようでは、“化石”扱いされてしまうかもしれない。

 デジタルファースト時代の到来で、企業と顧客との接点は様変わりした。2020年には顧客と企業とのやり取りの85%が、非対面になるとの予測(※)も出ている。営業担当と顔を合わせた時点では、すでに購買先を決めているか、候補を2、3社に絞り込んでいる、といった状況は、今も珍しくない。

 このような状況で管理職が戦略的な指示を出すためには、マーケティング領域の基本的な事情や概念に通じておく必要がある。そこで本資料では、デジタルファースト時代の管理職が押さえておきたい、マーケティング領域の5大キーワードを“化石度テスト”付きでわかりやすく解説する。

 ※出典:「Gartner Predicts, Gartner Customer 360 Summit 2011」

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。