資料の紹介

 ビッグデータ分析は、短時間でより正確な意思決定を下したり、顧客サービスや製品開発などのプロセスを改善したりするのに有効だ。ビッグデータ活用にあたっては、ITインフラに対する様々な要求が上がってくるが、IaaS(インフラストラクチャ・アズ・ア・サービス)を利用すれば、これらの実現に必要な拡張性と柔軟性を獲得できる。

 しかし、プロバイダーが提供するIaaSは各社各様だ。企業がビッグデータを活用して、より迅速に価値ある洞察を得て、競争優位を確保するためには、より優れたパフォーマンスやスピードを備えたIaaSサービスを選択することが重要になる。スループットが高ければ、より大きなデータセットに対応でき、データセンター間のデータ転送が高速であれば、グローバル企業の生産性向上に役立つ。

 そこで本資料では、2つのIaaSプロバイダー大手のサービスを実地テストした結果を紹介する。Hadoopベースのビッグデータ分析処理と、日米英3カ国のデータセンター間でのデータ転送処理について、2社のサービスを使って実行した結果を、比較シナリオの作成やテスト方法も含め、詳しくまとめている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。