資料の紹介

 企業が働き方改革推進するうえで、取り組むべき課題の一つとして「会議体の見直し」がある。会議自体は必要でも、その実態は改善すべき問題をいくつも内包している。資料の作成、プリントアウト、議事録作成といった作業に加え、会議室の確保や移動、延長などによる他の業務への圧迫などだ。時間や労力をかける割には、業務効率や生産性は低く、費やした時間が「残業」につながる、といった結果にもなってしまう。

 会議を効率化する手段として、リアルタイムのビデオ会議システムの導入がある。利点としては、いつでも、どこでも会議に参加ができる、ペーパーレスで議事録を取らなくても済む、会議後の情報共有も簡単にできるといったことが挙げられる。時間や労力の削減はもちろん、移動や紙資源の節約などコスト削減にもつながる。

 本資料では、ビデオ会議による会議効率向上支援ツールとして、インタラクティブ・フラットパネル(IFP:電子黒板)を紹介。IFPの使いやすさやセキュリティなど優位点を、実例などから詳しく解説する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。