資料の紹介

 高齢者への接客や窓口業務などで、「説明しているのに反応がない」「同じことを何度も質問される」「間違って伝わっていた」といったことがよく起こっているのなら、伝わりやすさを軸とした顧客満足度の向上、スムーズな応対の実現を図るべきである。

 この問題への対策にあたってカギとなるのは、聴力が低下した高齢者にも聞き取りやすい音声システムの導入である。これがうまくいけば、応対時間の削減、担当者のストレス低減、そして何よりも高齢の顧客の満足度向上につながることは言うまでもない。

 本資料では、自治体、金融機関などの窓口のほか、病院・薬局などでの受付や説明などに活用されている、リアルタイム自動補正機能を備えたスピーカーシステムを紹介する。聴覚心理の専門家の監修のもと、補聴器メーカーが培った音質改善技術を駆使した。導入企業や高齢者の声、専門家のコメントのほか、コミュニケーションの質の向上に成功した事例も収録している。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。