資料の紹介

 多くのユーザーが使い慣れているExcelは、多くの業務現場で、表計算、帳票作成、予算・売上管理や収益計算など様々な用途に活用されている。しかし、幅広い業務に適用できて便利な半面、増え続けるファイル、属人化、煩雑性、再集計の手間などが負担になっている企業も多い。

 例えばExcelでは、「複数ユーザーでの共同作業がしにくい」「ファイルの世代管理に手間が掛かる」「マクロやVBAなどを使う場合、特定ユーザーのスキルに大きく依存しがち」といった課題があり、結果として業務フローが煩雑になることが多い。こうした課題を解決するため、最近「脱Excel」や「活Excel」の取り組みが盛んになっている。

 本資料では、Excelの使い勝手は残しつつも、上記の課題を解消できるという「経営管理ツール」について、機能概要のほか、予算管理をはじめとする使用例を紹介する。既存の業務システムに影響することなく、WebブラウザやExcelから、データの統合・集計・分析を一貫して実行でき、集めたデータはBI(ビジネス・インテリジェンス)にも活用できるという。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。