資料の紹介

 最近、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)による業務の自動化が注目を浴びており、実際に導入する企業も増えている。単純なコピー&ペーストや定型作業、大量の入力作業などを自動化できれば、生産性を大幅に改善できるだけでなく、手作業による入力ミスや操作ミスを減らして品質も向上する。外注していた作業を自動化で内製化できればコスト削減も可能だ。

 RPAが肩代わりしてくれる時間を有効活用すれば、担当者にもっと付加価値の高い業務にシフトできるほか、働き方改革の推進にも有用だ。だが、RPAツールの中には、設定が複雑で分かりづらかったり、専門のスキルがないと操作シナリオを作成できなかったりと、導入・運用に苦労する製品も多い。

 本資料では、担当者の実際のPC操作をシナリオとして設定するだけで、プログラミングの知識がなくても大量の定型作業を自動処理できるという国産RPAツールについて、機能概要と活用事例を紹介する。サーバーなしで動作するのでスモールスタートが可能なほか、担当者のPC操作をオブジェクト型で認識・記録することで再現性を高めたという。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。