資料の紹介

 Excelはビジネスソフトのデファクトスタンダードだが、それだけで企業内のすべての業務が行えるわけではない。Excelのよくある弱みは次のようなものだ。データの恒久的な管理ができない。よく使われるアプリだけに情報漏洩の危険がある。マクロを職人的に使い込むと属人的な管理になり、修正や更新に手間がかかる。

 また、複数ユーザーでの情報の更新や閲覧が不便で、だれがいつ情報を更新したのかわからない。つまり、データベースとして一元管理することが難しい。さらに、いろんな人が関数や書式を設定していてメンテナンスが大変といった弱点もある。

 本資料は、Excelでの業務をWebベースのシステムに移し、Excelファイルをデータの入り口と出口としても使いながらどのようなことができるのかを解説。あわせて6社の導入事例を紹介するものである。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。