資料の紹介

 最新の経営環境に即したサプライチェーン管理(SCM)の最適化が喫緊の課題となっている。2000年ごろにSCMが盛り上がりを見せた当時に比べて、AIやIoT(モノのインターネット)をはじめとする技術が進歩し、現場のオペレーションを大きく変えているほか、市場のグローバル化に伴い、取引先や顧客企業の顔ぶれも変化しているからだ。

 だが、現場力の高さやカイゼン活動の成功体験があるがゆえに、なかなか既存のやり方から脱却できずにいる日本企業は多い。営業・生産・販売・物流といったサプライチェーンのプロセスを個別のものと捉えて、課題の解決も個別に考えてしまいがちで、グローバル視点のダイナミックなカイゼンが実現できずにいる。

 本資料は、日産自動車、ブリヂストンでそれぞれSCMの最適化に取り組んできたキーマンと、SCMを専門とするコンサルタントによる、グローバルSCM最適化に向けた指針についての対話をまとめたレポートである。重要なのは、SCMの原点に立ち返り、顧客からサプライヤーまでを一気通貫の“系”として捉えることにあるとしている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。