資料の紹介

 表計算ソフトのExcelは、その使い勝手の良さ、導入しやすさから、オフィスで広く使われている。だがその一方で、Excelで作成したファイルが散在して共有が難しくなったり、各拠点で作成したExcelファイルを収集してまとめるのに手間がかかったりするという問題が発生しがちだ。

 こうした問題を解決するには、イントラネットで稼働するWebアプリケーションの開発が有効だ。しかし、JavaやPHPなどのプログラミング言語による開発は多くの企業にとってハードルが高い。かと言って、BI(ビジネスインテリジェンス)ツールを導入しようとすれば、高額だったり、機能が多すぎて使いにくかったりすることが多い。

 本資料では解決策として、Excel資産を活用しながら、Webアプリケーションを短期間で開発できるというノンプログラミングのデータベース/Excel連携ツールを提案する。20年の実績があり、ODBC接続可能な主要データベースとも連携可能。ブックオフコーポレーションや山下設計など6社の活用例も収録した。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。