資料の紹介

 人口減少や、IFRSなどの法規制の強化、海外売上比率の上昇など、ビジネスを取り巻く環境は激しく変化しており、デジタル技術を活用した変化への対応が、ビジネスの成否を左右するまでになった。それに伴い、経理・財務部門のミッションも大きく変化。従来の会計の枠を超えて、より深く経営戦略に関わることを求められている。

 実際、経理・財務部門の多くは、新たなビジネスモデルへの対応といった課題に日々直面している。社内に散在するスプレッドシートの収集や加工といった煩雑な作業を徹底的に自動化・効率化し、付加価値の高い業務に人的リソースをシフトさせることが急務になっている。同時に、残業時間短縮も喫緊の課題だ。

 本資料は、ネスレ日本とルネサスエレクトロニクスにおける、デジタル時代に向けた経理・財務部門の高度化の取り組みについて、経理・財務部門のキーマンに取材してまとめたもの。併せて、クラウドやAIなど最新技術を駆使してグローバル企業のニーズに応える最新の会計ソリューションについても、紹介する。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。