資料の紹介

 機密性の高い重要なファイルや大容量ファイルをインターネット経由でやりとりするには、いくつかの方法がある。ただし、メールだと誤送信やなりすまし、盗聴のリスクがあり、USBメモリなどの外部メディアには、紛失やウイルス感染の危険がある。こうしたリスクを減らし、安全かつ簡単にファイルをやりとりできるのがファイル転送サービスだ。

 しかし、すべてのファイル転送サービスが安全とは限らない。高度な暗号化やアクセス制御などの機能はもちろん、サービスを運営する企業そのもののセキュリティへの取り組みも、サービス選定の重要なポイントだ。

 本資料は、セキュリティの専門企業が2001年から運営を続け、利用企業の約半数を金融・保険関連企業が占めるファイル転送サービスの資料である。提供される機能の解説からユニクロやアフラック、東急百貨店などの大手企業の導入事例までが網羅されている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。