資料の紹介

 企業システムのクラウド化が進んでいる。企業を取り巻くビジネス環境の変化や新サービス提供などに迅速に対応できることに加えて、テレワークや在宅勤務の導入といった働き方改革を推進するうえでも便利だからだ。その一方で、システムの運用管理を担う情報システム部門の作業負荷は高まっている。

 「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」は、システム運用監視を自動化し、運用負荷を軽減するのに有効だ。手動操作をワークフローで自動化する「RBA(ラン・ブック・オートメーション)」はそのひとつである。しかし、RBAを実現するには、運用管理ミドルウエアの導入や運用設計が不可欠で、時間とコストの両面でハードルが高い。

 本資料では、注目のRPAや運用管理自動化技術であるRBAよりも低コスト、かつ容易に、クラウドの運用管理を自動化するというサービスを紹介する。人による監視が不要になり、異常発生時の復旧処理も自動化するので、情報システム部門の担当者の負荷を減らしながら、サービスの継続性を維持できるとしている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。